So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラマ ブログトップ

昼ドラ 赤い糸の女 あらすじ 10 [ドラマ]

昼ドラ 赤い糸の女 あらすじ 10

~欲望と向き合い、戦いながら自らの人生を歩む、ある女性の物語~

唯美(三倉茉奈)、そして芹亜(奥村佳恵)までもが徳須(瀬川亮)と肉体関係にあると知り、

麻衣子(上野なつひ)は呆然としながら実家に帰る。

(そりゃそうだわ、ってか、あたしだったら「もうやめ~っ」っていうかも!)

徳須は、必死で機嫌を取ろうとするが、鬼の面をつけたまま対応する麻衣子。

(ゲゲっ)

婚約破棄をも口にされ、焦った徳須は...。

(さぁ~どうする~っ)

一方、唯美は寮にまで押しかけてきた森下(酒井扇治郎)と対峙する。

その場に芹亜も立ち会うが、森下は芹亜の声を聞くうちに、

唯美が浮気をしていると自分に密告電話をしてきたのが彼女だと気づく。

それを知った唯美は...。

(ぎゃ~っ!もう終始ドキドキしっぱなしっス)

どうなる~っ!!


昼ドラ 赤い糸の女 あらすじ 9 [ドラマ]

昼ドラ 赤い糸の女 あらすじ 9

~欲望と向き合い、戦いながら自らの人生を歩む、ある女性の物語~

麻衣子(上野なつひ)は森下(酒井扇治郎)から,

唯美(三倉茉奈)と徳須(瀬川亮)が男女の仲だと聞かされ、大きなショックを受ける。

麻衣子に詰問された唯美は徳須との関係を認め、

土下座をして許しを請う。

それでも怒りの収まらない麻衣子に、居直った唯美は...。

(お、おそろし~っ)

次から次へと新たな事実を聞かされ、茫然自失の麻衣子。

混乱の中、包丁を手にすると、真っ直ぐに唯美へと向ける。

そんな麻衣子に芹亜(奥村佳恵)は、私たち三人の間に隠し事があってはいけないと告げる。

唯美も、三人が重大な秘密を共有することで、

ルームメイトとして団結していきたいと麻衣子に提案するのだが...。

(ん?なんか話がおかしな方向へ・・・??)

『時をかける少女』 無料配信 [ドラマ]

『時をかける少女』 無料配信

筒井康隆原作『時をかける少女』全4作がニコニコ生放送で、

9月3日~6日の4夜連続で完全無料配信が決定したらしい。

『時をかける少女』は、筒井康隆が1967年に発表したSF小説。

時空を超える能力を得た女子高生が主役の同作は、

1983年に原田知世のデビュー作として映画化されて大ヒットして以来、

1997年(主演・中本奈奈)2006年(アニメ版)、2010年(主演・仲里依紗)と

4回も映画化されており、映画ファンの間でもその評価は高い。

私も大好きっ。

主演が変わるたびに、また違った作品になる感じがイイ。

けどやっぱり初代の原田知世ちゃんがイチオシかなぁ。


『時をかける少女』無料配信

3~6日の22時から4夜連続で実施

生放送の視聴には、モチ無料のニコニコ動画アカウントが必要w


ビューティフルレイン 10話 あらすじ [ドラマ]

ビューティフルレイン 10話 あらすじ

ビューティフルレイン。

クライマックスに入ってきましたねw

では、ビューティフルレイン 10話のあらすじです。


木下圭介(豊川悦司)は、娘の美雨(芦田愛菜)を預けている

沼津の義父母の一夫と愛子のもとへ、引っ越しや転校の手続きに必要な書類を送った。

圭介は、その封筒の中に、美雨への手紙も同封したのだ。

手紙の中で圭介は、夏休みの最後の日に迎えに行くが、

そのときに大事な話があるから聞いてほしい、と綴っていたのだった。

その矢先、圭介の携帯電話に一夫から連絡が入る。

なんと、美雨が東京に帰る、と書き置きして、ひとりでバスに乗ってしまったのだという。

前夜、美雨は、一夫と愛子が見ていた書類の中に自分の名前があることに気づき、

それは何かと尋ねた。

愛子は困惑しながらも、ウソを言うわけにもいかず、

美雨はこのまま沼津に住むことを話してしまったらしい。

バスターミナルに駆けつけた圭介は、美雨を見つけ、とりあえず家に連れ帰る。

圭介は、美雨に自分の病気のことを正直に打ち明け、

明日の朝、バスで沼津まで送っていくと告げた。

そして、中村産業の社長と、妻の千恵子に、

美雨が落ち着くまで沼津にいたいから夏休みを取らせてほしい、と申し出るのだ。

あくる朝、圭介は、美雨を起こそうとする。

が、美雨は、部屋の入口にバリケードを作り、沼津行きを拒否。

それを知ったアカネは、説得役を買って出て、美雨に声をかける。

部屋に入れてもらったアカネは、

圭介と同じ病気にかかった義母を看病していたときの話を美雨に聞かせた。

美雨に辛い思いをさせたくないから、

沼津で暮らした方がいいと圭介は思ったのではないか、と諭すアカネ。

すると美雨は、辛くて苦しいのは父ちゃんと離れて暮らすことだ、と返す。


う~ん。

大人は、今後の子どもの人生を考えてしまう生き物だけれど、

子どもってもんは「今、この一瞬」を大切にするんだなぁ・・・と。

本当に、大人は子供に学ぶべきこと、気づかされることがたくさんある。

つくづくそう思う。


ドラマ ブログトップ