So-net無料ブログ作成
検索選択

宝塚市歌劇町に改名困難に。住民の反発は市へ。 [ニュース・時事]

宝塚市歌劇町に改名困難に。住民の反発は市へ。

宝塚歌劇団の創立100周年に向けて、宝塚大劇場周辺の町名を「歌劇町」(仮称)に変える構想があるらしい。
初めて知った。

そもそも、なぜ宝塚大劇場周辺の町名を「歌劇町」にしたいのか?するのか?
どうやら、地元の兵庫県宝塚市が「歌劇文化が根付く町」として、
全国に発信しようと打ち出した案らしい。

けれど実際には、住民らの反発が強いようで、手続きが未着手のまま半年が経過している。
市は「このままでは100周年に間に合わない」と言っている。

なぜ住民が反発するのか?
考えられるのは、市と地域住民たちとの温度差であったりするのかな。
私なら、慣れ親しんだ町、町の名前を変えられると知ったら、
そりゃ、まずは十分な納得できる説明がほしいところ。

もしや、この説明というものが不足だったんじゃ?
たいてい、国や市と住民がもめるケースってこんな感じじゃないでしょうか?

肝心な町名変更の対象は、大劇場や、
阪急宝塚駅と同劇場をつなぐ「花のみち」が立地する「栄町1丁目」の一部エリア。

しかし、地元への事前説明が不十分だったため、
(あ、やっぱりね)
「住民をないがしろにするつもりか」と反発が続出。
当たり前だよ。
市は慌てて周辺の自治会長らを集めて説明会を開いたが合意に至らず、
その後も協議が難航している。

何事も最初が肝心なんじゃないのかな。
仕事でも、ボランティアでもまずは理解を求めるのに、下準備は必要だよ。
お役所ってなんで、横暴なんだろうね。
人の気持ちが最初も最後も一番ってわからないのかなぁ。

どうなるんだろう、「歌劇町」。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。