So-net無料ブログ作成

【訃報】将棋 米長邦雄 癌の克服ならず死去 [訃報]

【訃報】将棋 米長邦雄 癌の克服ならず死去

将棋の米長邦雄氏が、前立腺癌のため18日に死去。
69歳という若さで亡くなった。

プロ棋士として数多くのタイトルを獲得し、永世棋聖の称号を持ち、
引退後も日本将棋連盟の会長として将棋界の発展に貢献してきた。

米長さんは19歳の時に将棋のプロ棋士になった。
「さわやか流」と呼ばれる棋風で活躍。
のちに、昭和59年には、棋聖、王将、棋王、十段の4つのタイトルを持つ四冠となり、
翌年に永世棋聖の称号を獲得した。



平成5年には、7度目の挑戦で初めて名人のタイトルを獲得し、
49歳の最年長の名人として話題を呼んだ。
対局では、中原誠十六世名人の好敵手として名勝負を繰り広げるなど、
60歳で引退するまでに通算1103勝を挙げる。
のちには、日本将棋連盟の会長を務めるなど、
長年にわたって将棋界の発展に貢献しました。

その数々の功績が認められ、平成15年に紫綬褒章を受章している。

米長さんは、数年前に前立腺癌を公表してからも、治療を受けながら活動を続けていた。
ご冥福をお祈りします。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。